技術紹介 TECHNOLOGY

排水処理技術

自然浄化法リアクターシステム®

有機物を含有した原水の分解技術として、標準活性汚泥法があります。好気性細菌による分解を利用した技術ですが、自然界では更に、土壌菌群による浄化が進みます。自然浄化法リアクターシステム®は、この浄化を進める技術です。

技術の特徴

  1. 1)標準活性汚泥法フロー
  2. 2)自然浄化法フロー

水処理工程内に土壌環境物質(微生物培養誘導材)を充填した培養機(リアクター塔)を付加し、有機物を腐植化し土壌をつくる働きをする土壌菌群を培養、活性化します。このシステムが自然浄化法リアクターシステム®です。

  • 自然浄化法では、内の微生物(好気性、通性嫌気性菌)により汚水の浄化を行います。通性好気性菌(土壌菌群)の微生物組成比率および活性を高めるために腐植前駆物質、珪石を添加し、pH、酸素濃度を調整するなどして微生物環境を整えることで誘導培養します。

技術の特徴

  • 高濃度の排水も無希釈で処理できます。
  • 処理水質が向上し、安定します。
  • 運転管理が容易です。
  • 流量調整槽から汚泥脱水設備に至るまで悪臭の発生を抑制できます。
  • 処理水は雑菌に対する抗菌作用があります。
  • 余剰汚泥は腐敗せず、農地還元が容易です。
  • 施設のコンパクト化が図れます。
  • 余剰汚泥(脱水ケーキ)の減容が可能です。

自然浄化法リアクターシステム®の詳細はこちら

MORE